教えて!ハワイでマタニティフォト - あると便利!な旅行中のケアグッズ/ハワイの大自然に包まれた最高のロケーションでマタニティフォトを『マタニティフォトハワイ』

これで安心!マタニティのための
快適ハワイハネムーン
Maternity Photo Hawaii Guide

行く前に準備すること、確認すること

教えて!ハワイでマタニティフォト

あると便利!な旅行中のケアグッズ


マスク

妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんへの影響も考慮して、薬の服用を極力避けます。よって、普段以上に体調管理が重要となり、妊婦さんにとってマスクは必須アイテムです。特に、長時間密閉空間となる飛行機内では、ウイルスの空気感染等が一番懸念されます。とにかく、空港やショッピングセンターなど、人の集まる場所は常にマスクをするよう心がけましょう。

漢方薬

妊娠中は、胎児と母体の影響を考慮し、西洋薬の服用をなるべく避けるようにします。ただ、どうしても体調がすぐれず、何かしらの対策が必要となった場合、漢方薬が強い味方になります。しかし漢方薬は、中医学の正しい知識があって初めて、適切な選択、正しい服用が出来る薬。間違った用法では、余計に症状が悪化したり効かなかったりということが起こりやすく、多くの人が「漢方は効かない」と大きな誤解をされている場合が多いのだとか。正しくタイミングよく服用すれば漢方薬は即効性もあり、身体にも優しいお薬です。予め専門医からの指示、アドバイスを正しく理解し、旅行先でもお守りとして持っておくと安心ですね。

のど飴

乾燥する機内やちょっとした喉のイガイガにはのど飴があると助かります。スーパーの飴玉コーナーにあるような、のど飴は妊娠中でもOKですので、旅行中、いくつか持ち歩いているといいでしょう。但し、「トローチ」のような医薬品もの、ハーブ成分が多い飴玉等は避けて下さい。どうしても持っておきたい場合は、医師の相談を仰いで下さい。

ホットアイマスク

ホットアイマスクは、温熱作用により、目の周りの凝りをほぐし、リラックス出来る効果が期待出来るのでおすすめ。特に乾燥する機内、狭くてストレスを感じやすい機内を快適に過ごすため、持っているとありがたいグッズの一つです。

着圧ソックス・足のむくみ対策グッズ

同じ姿勢を取り続ける飛行機内では、エコノミークラス症候群に気を付けなければなりません。特に妊婦さんは、このエコノミークラス症候群のリスクが通常よりも高く、最悪、血栓が肺につまり、死に至る場合もあるので、むくみ対策、マッサージ、体操はこまめに意識的に行う必要があります。むくみ対策としておすすめグッズは、着圧ソックスや足裏コロコロ。機内では水分をこまめに摂り、姿勢を変えながらこれらのグッズを上手に利用し、エコノミークラス症候群にならないよう工夫して下さい。

酔い止めバンド

妊婦さんは薬を服用することが出来ませんから、乗り物酔いの危険性がある方には、酔い止めバンドを持って行くのもいいでしょう。酔い止めバンドは、乗り物酔いに効くとされる手首のツボを刺激し、症状を和らげる効果が期待出来ます。安心・安全なマタニティグッズと言えそうです。

マタニティ・ベルト(腹帯)

お腹が大きくなって来ると、歩くだけでもお腹が揺れて移動も一苦労。旅行となると、普段以上に移動距離も負担も大きくなるため、このマタニティ・ベルトでしっかり固定、体への負担を減らしましょう。腰への負担も楽になります。ただし、締め付け過ぎるとむくみの原因となりますから、注意が必要です。

ウェットティッシュ・除菌シート・携帯ハンドジェル

身の回りのものは、ウイルスや細菌でいっぱい。特に旅行中は、公共施設に多く立ち寄りますし、なかなか手を洗える場所も見つからず、困ってしまうこともよくあるものです。いつでも清潔を保てるよう、ウェットティッシュや除菌シート、携帯ハンドジェルは、マタニティグッズとして常に持ち歩いていたいですね。

日焼け止め・サングラス・日傘(紫外線対策)

妊娠中はホルモンの関係から、普段以上に日焼けしやすいと言われています。ハワイでは陽射しが強く、さらに外を出歩く時間も長くなることが予想されますので、念入りな紫外線対策が必要となります。

ベビーシッター
プラン
エステ